2010年04月12日

がん政策サミットで「患者が提案するマニフェスト案」を作成(医療介護CBニュース)

 日本医療政策機構の市民医療協議会がん政策情報センターは4月10日、11日の両日、「がん政策サミット2010春-患者と議員が作るマニフェスト-」を東京都内で開催した。都府県のがん対策推進協議会などの患者関係委員や、公募によって選ばれた全国の患者リーダーなどが、10日は48人、11日は45人参加。厚生労働省のがん対策推進協議会が9日に長妻昭厚労相に提出した11年度の「がん対策に向けた提案書」などを基に、「患者が提案するマニフェスト案」を作成した。サミットは12日まで開催されており、同日には、サミット参加者が作成した「患者が提案するマニフェスト案」を国会議員に説明する議員勉強会を衆議院第二議員会館内で開く予定だ。

 患者主体のがん対策の実現に向けて議論を重ねるがん政策サミットは、昨年5月と10月に続いて今回が3回目の開催。サミット初日の10日、同センター長の埴岡健一氏は、「これまでの会は一生懸命お勉強していたが、お勉強止まりのところがあったのが少し否めなかった」と指摘。今回は勉強した内容をまとめて、「最後は国会議員一人一人に渡そうと考えている」と説明した。

 「患者が提案するマニフェスト案」は、がん関連の政策の全体的な方向性を盛り込んだ総合マニフェスト案のほか、「緩和ケア」「がん登録」「在宅緩和ケア」など個別の10分野ごとのマニフェスト案と、それらを実現するための優先施策などで構成されている。

 10日は、個別分野についてグループに分かれてマニフェスト案を話し合ったほか、総合マニフェスト案について全員で意見を出し合った。11日には、それぞれの優先施策を話し合った。

 11日時点の「未定稿」によると、「緩和ケア」のマニフェスト案としては、「早期に国が緩和ケアに関わる医療従事者などの教育システムを確立し、がん患者と家族が満足できる緩和ケアを受けられるような社会を実現する」としている。また、「在宅緩和ケア」では「国が、年度内に、すべての市町村で、自分らしく生き抜くために、患者・家族が希望すればいつでも受けられる在宅緩和ケアシステムを、新たな法整備等によって実現する」とした。

 また、これらを実現するための優先施策として、がん対策推進協議会のがん対策に向けた提案書から、「緩和ケア」では「切れ目のない終末期医療のためのアクションプラン」「緩和医療科外来の充実」などを、「在宅緩和ケア」では「医療法の改正」「介護保険法の改正」などをそれぞれピックアップした。


【関連記事】
がん対策提案書を長妻厚労相に提出―対策推進協
2011年度のがん対策に向けた提案書を了承
「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」
疼痛ケア「受けたことない」が約6割
がん患者支援、英「マギーズ・センター」に学ぶ

藤井元運輸相、自民に離党届提出(読売新聞)
新潟大ヨット4隻転覆、6人救助…強風の日本海(読売新聞)
政府、4党解決案受け入れ=JRに200人の雇用要請−不採用問題決着へ(時事通信)
不適切操作に機長気付かず=マニュアル記載も不十分−2人死亡ヘリ事故調査・海自(時事通信)
<スペースシャトル>山崎さん搭乗、ISSとドッキング(毎日新聞)
posted by tfseg0yfxt at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

<男児餓死>保護責任者遺棄致死罪で両親起訴 奈良(毎日新聞)

 奈良県桜井市の吉田智樹君(当時5歳)が餓死した事件で、奈良地検は24日、父親の会社員、吉田博容疑者(35)と母親のパート店員、吉田真朱(まみ)容疑者(26)を、保護責任者遺棄致死罪で奈良地裁に起訴した。2人は遅くとも09年9月ごろから、十分な食事を与えていなかったという。

 起訴内容は、吉田博、真朱両被告は、09年9月ごろには長男智樹君が衰弱していたのに、適切な診療を受けさせず、わずかな飲食物を与えるだけで放置し、今月3日に栄養失調で死亡させた、としている。両被告の認否や動機について、地検は「裁判員裁判対象事件のためコメントしない」としている。

 捜査関係者によると、06年12月に長女(3)が誕生、家族は6畳洋間と2畳のロフトのアパートで4人暮らしになった。部屋が手狭になり、智樹君だけをロフトに上げたが、智樹君は親の注目を引こうと物を落としたりし、真朱被告が手を出すようになったという。

 08年4月ごろまでは家族4人で外出していたが、真朱被告が09年5月に同県橿原市のスーパーで働き始めると、長女だけを託児所に預け、智樹君は自宅に放置。同9月ごろには1日にラップに包んだ細い棒状のおにぎり2本と水程度しか与えなくなり、智樹君は10年2月末ごろから、食事を受け付けず、自分で歩けない状態になったという。

 平均的な5歳児は身長110センチで、15〜20キロの体重があるが、智樹君は約85センチ、6.2キロしかなかった。【上野宏人、大森治幸】

【関連ニュース】
押尾被告事件:MDMA譲渡の友人に実刑 東京地裁判決
奈良5歳児餓死:生後すぐ虐待か…耳たぶに内出血
奈良5歳児餓死:逮捕の母親 夫から日常的に暴力
自殺サイト:「見届け役」被告に有罪判決 福岡地裁支部
4歳児衰弱死:市が対応協議中に死亡 埼玉・蕨

鉄砲サミットで古式砲術、彦根城にごう音響く(読売新聞)
最強のB級グルメは? 4月10、11日に栃木市でイベント(産経新聞)
「誰もけじめをつけてない」前原国交相(レスポンス)
「刺すぞ」と路上で男に刺され、22歳男性死亡(読売新聞)
退職後に競合会社、元の顧客から受注は「自由競争の範囲」 最高裁(産経新聞)
posted by tfseg0yfxt at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)

 電車内で携帯電話で話していたことを注意されて腹を立て、相手をホームから突き落としたとして、警視庁上野署は25日夜、殺人未遂容疑で東京都荒川区東尾久、自称運送業早瀬大介容疑者(33)を現行犯逮捕した。
 同署によると、「つかみかかってきたので振りほどいたら落ちた」と容疑を一部否認しているという。
 逮捕容疑は、25日午後11時ごろ、JR京浜東北線車内で携帯電話で通話しているのを注意した男性会社員(42)に「降りて話をしよう」と言い、降りた上野駅(台東区)ホームでもみあいになり、山手線線路に突き落とした疑い。男性は左足を骨折し重傷を負った。 

【関連ニュース】
精神鑑定「分かりにくい」=裁判員、責任能力低下認めず
精神鑑定医に初の証人尋問=駅ホーム突き落とし
精神鑑定医の尋問実施へ=ホーム突き落としの裁判員裁判

『パックマン バトルロイヤル』の対戦が実際どんな感じなのか判明(動画あり)
<普天間移設>「県外あきらめていない」…参院委で首相(毎日新聞)
過去最高額の平成22年度予算案、今夕成立(産経新聞)
日本人ツアー客食中毒?独で急きょ離陸中止(読売新聞)
恒星からのガンマ線とらえる=日米欧の観測衛星−広島大など(時事通信)
posted by tfseg0yfxt at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。