2010年02月03日

<鳩山首相>普天間継続使用を否定(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、現状のままの継続使用について「基本的には選択肢ではない。危険性が高く、騒音に悩まされている方が多い中で、『移設先を探そう』と言ってスタートし、ゼロベースで検討している。今まで通り使う、などという話はない」と述べ、容認しない考えを強調した。官邸で記者団に語った。【西田進一郎】

【関連ニュース】
鳩山首相:幸夫人、賞品の宝石類を寄付
普天間移設:「覚悟持ち5月までに」首相
参院予算委:鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で
鳩山首相:参院選後に省庁再編の意向
鳩山首相:普天間移設「5月までに出す」

里見が女流名人奪取に王手(産経新聞)
普天間「私の立場で対応」小沢氏、稲嶺氏と会談(読売新聞)
沖縄に広大な土地購入 小沢幹事長の目的は謎(J-CASTニュース)
小池百合子氏が「ラーメン大好き小池さん」に(スポーツ報知)
米倉氏の政策聞きたい=鳩山首相(時事通信)
posted by tfseg0yfxt at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉「正論」懇話会 田久保忠衛氏講演「日米同盟は最大の危機」(産経新聞)

 千葉「正論」懇話会の第31回講演会が1日、千葉市美浜区のホテルニューオータニ幕張で開かれ、外交評論家で杏林大客員教授の田久保忠衛氏が「日米同盟の危機にどう対応すべきか」をテーマに講演した。

 田久保氏は米軍普天間飛行場移設問題について「米国は国際的な取り決めだからキャンプ・シュワブ以外はだめだと1ミリも譲っていない。日米関係は最大の危機を迎えている」と指摘。政府の移設先の結論を5月末までに出す方針については「日米関係を修復するには名護に持っていくしかないのに鳩山由紀夫首相はまだ『ゼロベースでやる』という。日本の運命がかかっているのだから正面突破する以外にない。その度胸がなければ鳩山さんはのたれ死にして辞めるしかない」と語った。

【関連記事】
名護市長選 米主要紙も一斉報道したその内容とは…
鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ
「日米同盟維持へともに努力」 米国務副長官 
【主張】施政方針演説 国益守る決意なきは残念
「中朝は依然脅威、日米同盟は地域安定に不可欠」 駐日米大使が講演

外国人参政権 付与許容説の学者が誤り認める 反対集会で日大教授が明かす (産経新聞)
七味唐辛子飲ませ4歳次男死なす 母の実刑確定へ(産経新聞)
<将棋>1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局(毎日新聞)
<女性遺体>中国籍受刑者を遺棄容疑で逮捕 兵庫県警(毎日新聞)
自民執行部、山拓氏らに公認見送り伝える(産経新聞)
posted by tfseg0yfxt at 12:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。